.

プリセプターVSプリセプティ!お互いの日頃のホンネを暴露します

はじめてのプリセプター

なかなか言えない!日頃の本音

ienai.png

「わからない事はいつでも聞いて」の「いつ」って…正直いつなの?

―――ここに、とあるプリセプターと新人看護師の会話が再現されています。
新人看護師の苦悩が垣間見える瞬間…?

プ「わからない事はいつでも聞いてね。そのまま放っておくのが一番マズイから」
新「はい!」新「(記録のつけ方について疑問発生!どうしよう…)あの~、先輩~?」
プ「(なんかすごくバタバタ中)」
新「(忙しそうだから聞いてくれなさそうだな…)」

~(30分後)~

プ「ちょっと、作業遅いよ?てゆか、どうしてすぐ聞かなかったの?すぐに聞けば解決できたのに!」
新「すみません…(でも聞けない雰囲気だったし!私いったいどうすればよかったの~!?)」

「忙しいとついついこうなっちゃうんだよね。タイミングよく聞いてもらえたら大丈夫なんだけど…」
「新人から見ると、先輩が忙しいのか忙しくないのかっていうのがわからないので…タイミング自体がつかめないんです(汗)話しかけるチャンスを伺ってたら、『ボーッとしてないで動いて!』って他の先輩に注意されちゃいます」
「代わりに、その先輩に質問するのは難しかった?」
「『プリセプターに聞けばいいじゃん!』って一蹴されました…」
「うーん、皆忙しいのはわかるけど、もっとチーム全体でプリセプティを見守ってほしいよね」

ダメだと思ってもついイライラ…プリセプターだって人間なの!

「以前のプリセプティは、午前中にバイタルチェックとケアをする予定なのに、モタモタしてバイタルチェックだけで手一杯でした。初日には「ゆっくり慣れていこうね~(ニコニコ)」と優しく言ってあげたものの、三日目には「ハイ!終わったらすぐ次の病室いくよ!」と手を叩いて急かしまくりでした」
「そ、それはプレッシャーですね…」
「プリセプティの仕事がはかどらないと、周囲はプリセプティ本人じゃなくてプリセプターに小言を言ってきますから。それでもう~余計気が立っちゃうんですよ。で、急かしたらキチンと素早くできるから『やればできるじゃん!何で今までやらなかったの!?』とまたイライラ…」
「気をつけます…(汗)」

―――理不尽にイライラをぶつけてしまった後は、「ごめんね」って思うんだけど。
でもどうか忘れないでクダサイ、プリセプターだって人間だって事…

結局「気が合うか合わないか」って事?

「それは、なきにしもあらずですね…。20年以上も人生経験を積んでると、初対面で『この人ならうまくやれそう』『この人は無理!』みたいな波長って何となくわかりますよね。うちの病院では新人さんの性格を見て、師長が先輩看護師の中から合いそうな人をマッチングするシステムになっています。ただ師長の勘も100%ではないので…途中でどちらかがギブアップして、プリセプター交代なんて事もあります」
「なんだか、交代した後がやり辛そうですね…職場恋愛が終わったカップルみたい(汗)」
「確かに!周囲も『あ、あの組み合わせはダメだったんだな』って気づくだろうし、交代した後も病院で毎日顔を合わせる訳だから、やりにくいよね」
「私は先輩についてもらってよかったです~!」
「いえいえ、こちらこそ!私もまだまだだから、気づいた事があったら遠慮なく言っちゃって!」
「はい!」

―――プリセプターシップはやっぱり人間関係ありきだなぁと痛感。でも、指導をやりとげた後は本当の家族みたいな存在になるんです。今のプリセプティとも、そんな関係になりたいと思ってます。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ