.

新人看護師には嬉しいプリセプターの存在!プリセプター制度にはメリットがたくさん

はじめてのプリセプター

新人看護師にプリセプターがつく3大メリット

merit.png

マンツーマン指導で、疑問点がすぐに解決

プリセプターシップの一番のメリットは、マンツーマン指導。
これは一般企業にはなかなかないシステムです。マニュアルや周囲のサポートはあるものの、常に自分の作業を見ていてくれる先輩はそうそういません。
わからない事を教えてもらうにしても、先輩によって言うことが違っていたり…A先輩のした通りに仕事をしても、B先輩には「そうじゃない!」と言われて理不尽な思いをしたりね。仕事が忙しくて誰も相手にしてくれない、なんて事もあります。
プリセプターはプリセプティにぴったりとついて仕事をつぶさに観察できるので、わからない事はスグに質問できるし、もし失敗があってもその場で指導やフォローができます。
そして、同じプリセプターが見るので、指導に一貫性があるのが特徴です。
一人のプリセプティを継続的・段階的に育てられるのがプリセプターシップの大きな魅力ではないでしょうか。

二人で患者さんを見るので、万が一のミスが予防できる

これも大きなメリットですね。まだ業務に慣れていないのに一人ぼっちにされて、しかも患者さんの処置を行なうのはプリセプティにとって大きなプレッシャー。その緊張からミスを引き起こしてしまうという場合もあります。
なのでプリセプターが見守っている事で、新人さんは安心して看護業務にあたれるのです。
ここで気をつけたいのは、プリセプターは、焦らず優しく見守るということ。看護経験を重ねて何人ものプリセプティを見ていると、ついつい「なんでこんなにトロいのかしら…」と思ってしまうこともありますが、誰でも始めはヒヨコなんです。
振り返ってみれば、私の新人時代は今まで見てきた子達よりずっとトロかったのを思い出しました…。
常に穏やかな気持ちで見守りたいものです。

新人看護師の精神的な負担を軽減できる

最後に大事なこと。
プリセプティは何もかもが初めて。周りは知らない人だらけで、みんな忙しそうにバタバタ走り回っていて…。その中で自分が何をしたらいいのか戸惑う人は多いです。
せめて周りの邪魔にならないようにしようと必死な人もいますよね。そういった中で、誰もが精神的な不安を感じてしまうと思います。
また、最近の若い人はコミュニケーションが苦手、というお話も耳にします。「甘ったれるんじゃない!」とお思いの方もいると思いますが、プリセプターが優しく接することで、プリセプティの心を徐々に開いていくようにしましょう。
そして、こまめに声をかける事も大事です。プリセプティは周囲の状況を判断できるようになるまで時間がかかります。「何をしたらいいのかわからない…」と不安にさせてしまうのは可哀想ですよね。こちらが常に先手をうって、「何か困ってることはある?」とリードしてあげたいものです。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ