.

プリセプターってどんな仕事?ポジション・メリット・仕事内容をご紹介

はじめてのプリセプター

プリセプターってなんだろう?

プリセプター(Preceptor)とは、英語で「教師」または「教訓者」を意味する言葉。
「そんな大それた役が私にできるのかな?」と縮こまってしまう人もいるようです。
プリセプターは新人看護師が新しい環境に慣れ、自信を持ってお仕事ができるように指導する看護師の事。難しいかもしれませんが、病院に入ったばかりで不安だらけの新人看護師には、仕事の上でもメリットが大きいものなんです。
では具体的に、新人看護師にプリセプターがつくメリットはどういうものなのでしょう。また実際にプリセプターは新人さんと一緒に、どういう一日を送っているのでしょうか?
自分が新人のときはどういう風に教えてもらったか、思い出しながら読んでみるのもいいと思いますよ。

THE・多忙!一日のスケジュールを徹底公開

「他のプリセプターは普段どういう一日を過ごしてるの?」と気になる人もいると思います。
せっかくなので、今回私が受け持っているプリセプティとの一日をピックアップしてみました。
プリセプティは入職3ヶ月目の生まれたてひよこナース。ちょっと受け身がちなところが目立ちますが…性格はとっても真面目で素直な子なんですよ。まるでかつての私を見ているよう…。
では、今回はそんなプリセプティと一緒に行なう一日の業務内容をご紹介。
朝の出勤からアフターまで、プリセプティにピッタリと密着したスケジュールをご覧ください。

新人看護師にプリセプターがつく3大メリット

プリセプティにとって、プリセプターシップがもたらすメリットは大きいもの。
「入ったばかりで、右も左もわからない…」そんな不安だらけのプリセプティを見守り指導していくのがプリセプターの役目です。看護学校ではしっかり勉強したけど、実際の業務はやはり緊張が伴います。でも、二人でやれば怖くない!プリセプティには安心して、のびのびした気持ちで業務をして欲しいと思っています。
昔と今では医療の現場も大きく違います。私が新人の頃はプリセプター制度はあまり整っていなくて、苦労したことも多々あります。そんな経験があったからこそ、プリセプティには充実した教育体制でしっかりと学んで欲しいものです。

プリセプター、その存在意義とは

プリセプターは、プリセプティ(新人看護師)を一人前に育てるための先生役。マンツーマンでしっかりと指導にあたるので、不安だらけのプリセプティにとっては心強い存在です。
プリセプターに向いている人とはどういう人なのでしょう?
またプリセプターは看護師のお手本的存在ですから、日頃から心がけておきたい事もあります。
生まれたてホヤホヤのかわいいプリセプティが、「この人かっこいい!」「こんな看護師になりたい!」と目をキラキラさせてくれるような『いけてるプリセプター』とは、どのような人を言うのでしょうか?

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ