.

「現状を変えたい!」お悩みのプリセプターさんへ、希望がかなう病院探しの方法をご紹介

はじめてのプリセプター

希望にマッチする病院を探すには

match.jpg

まずは病院の教育制度に注目!

同じ病院で働いていると、なかなか外の事ってわからないものです。他の病院のプリセプター制度ってどうなってるの?と疑問に思う人も多いですよね。または、プリセプターシップを取り入れていない病院って、どのような新人教育を行っているの?という疑問もあるかもしれません。
病院の情報は積極的に調べてみましょう。プリセプターシップに力を入れている病院では、病院HPでプリセプターやプリセプティの実際の声が掲載されていたり、インタビュー・レポートなどのコンテンツが充実しています。
病院をあげて新人教育に力を入れている事・プリセプターへのサポートまで綿密に行なっている所なら、プリセプターになっても安心して新人教育にあたる事ができそうですね。

チーム全体で新人を教育する病院もある!

日本の看護師の育成といえば「プリセプター制度」という慣習が一般的ですが、実は近年、プリセプター制度を廃止する病院あります。
プリセプターによるマンツーマン指導はメリットも大きい反面、ナース同士の相性で成長に影響が出る事や、プリセプター一人への負担が大きい事がデメリットとしてあげられています。
そこで、新人に対して特定のプリセプターをつけず、先輩看護師により教育チームを結成して、みんなで新人教育にあたるという独自の制度をとる病院が増えているのです。プリセプター一人に押し付けず、チーム全体で新人看護師を育てる!という姿勢が見える教育体制ですね。
医療の現場は日進月歩ですが、働く環境も時代に応じて変わって行くもの。今後はプリセプターをあえて置かない教育体制が主流になっていくと考えられています。

「教える」事を楽しめる病院探し

ここまでプリセプターについて色々な事を紹介してきましたが、プリセプターは周囲の期待と責任が大きな仕事。新人として入ってくるプリセプティも、ホヤホヤの新卒から、社会人経験を経て看護の世界に入ってきた方まで、さまざまなバックグラウンドを持っています。
そういったプリセプティに仕事を教える事に対して、プリセプターは何も萎縮する事はありません。むしろプリセプティを通して自分が成長するチャンスだと考える方がずっと良いのではないでしょうか。後輩を指導する事に苦悩する事もあると思いますが、日々の教育・指導にあたる中で、プリセプター自身、見違えるように成長します。
看護師として更なるスキルアップを図るために、プリセプターという仕事は一つの有意義な試練。でもプリセプターシップに限らず、「人に教える」という事そのものが、自分を成長させてくれるものなのですね。そう考えると、自分自身が「教える事を楽しめる」環境こそがベストといえるのではないでしょうか。プリセプターとしてお悩みを抱え、転職まで考えている人は、そんな視点を持って病院探しをしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ