.

プリセプターだって悩んでいる!プリセプターの現状と、支援の対策とは

はじめてのプリセプター

プリセプターの現状

genjou.png

悩んでいるプリセプターは多いんです

プリセプターになるのはほとんどが2年目か3年目くらいの看護師。10年目や20年目のベテラン看護師と違って、まだ看護師として成長の途中にあります。そんな時に、自分の仕事にプラスして新人看護師の教育を任されるんですから、やる気よりプレッシャーが上回るのは当然なのかもしれません。新人を教育するはずが、指導する側のプリセプターがダウンしてしまうという事態も…。
さらに、新人看護師がミスをしたり、ストレスで退職をしたとなると、その責任がプリセプターにかかってくるというシビアな面もあります。
「新人さんにうまく指導ができない」「新人さんとの人間関係で悩んでいる」という悩みを抱えながら働いているプリセプターは数多くいるのです。

プリセプターの悩みは誰に打ち明ければいいの?

新人看護師の苦悩はたびたび注目されるテーマですが、その影では指導役であるプリセプターの疲弊も問題になっています。
私も初めてプリセプターになった時はわからない事だらけでした。指導の仕方はもちろん、後輩とうまくコミュニケーションを取るために気をつかい、神経をすり減らす毎日…。
プリセプターにも悩みを打ち明けられるようなシステムがあればいいのに…と考えたものです。

病院によってはアソシエイター(技術指導者)制度を採用して、アソシエイターがプリセプターの精神的なフォローを含めたサポートを行なっているようです。またプリセプティとの人間関係について悩みがあれば、両方の橋渡し役になってくれる事もあるのです。
新人さんに指導する立場であるプリセプターは、なかなか悩みを上司や先輩・同僚には打ち明けにくいもの。こういった制度が多くの病院で採用されれば、プリセプターの精神的な負担はかなり和らぐのではないでしょうか?

プリセプター本人にも手厚いサポートが欲しい!

「あなたをプリセプターに任命します、明日から一人でがんばって」といった感じで新人教育の大役を丸投げされ、思い悩んでいるプリセプターは多いもの。周囲のスタッフも新人看護師の指導は担当プリセプターにまかせっきり、プリセプターは孤独な環境で奮闘しなければいけないという事態が、悲しいことに多くの現場でみられます。
私が思うのは、プリセプターに必要なのは「教え方を教える」という事。任命したプリセプターには事前に指導に関する研修をしっかりと行って欲しいです。そして、事前研修だけでなく実際の業務の中で、プリセプターを手厚くサポートするシステムも必要です。アソシエイター制度できちんとプリセプターをバックアップし続ける事が、プリセプターのモチベーションを高め、指導者としての成長にも繋がると思うんです。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ