.

プリセプター制度が充実している病院とは?プリセプターとして、自分自身も成長しよう!

はじめてのプリセプター

プリセプターシップ充実の病院とは

juujitu.png

大病院ほどプリセプター支援が整っている傾向

大規模な病院はスタッフの数も多く、4月になればたくさんの新米ナースが入職してきます。そのため病院は綿密なクリニカルラダーを立てて、教育・指導を実践していきます。
そしてプリセプター制度もしっかり整っています。プリセプティはもちろん、プリセプター・プリセプティ両方を支援するアソシエイターや、プリセプターのための研修制度を設けたりと、全てのスタッフへのバックアップ体制が整っているのが特徴です。
教育体制は法人単位で統一されている事が多く、法人に属する病院の看護師を集めての勉強会も定期的に開かれているようです。

一人の新人に複数のプリセプターがつく場合も

プリセプティの悩みとして、プリセプターがお休みをとっている日は病院内で孤立してしまうという事があげられます。また同じ日に出勤していても、プリセプターが他の作業にかかっているとなかなか聞きたい事が聞けず、戸惑ってしまうようです。
そのために、病院によってはメインとなるプリセプターの他に副プリセプターをつけ、二人体制で新人教育を行なっています。一人のプリセプターにかかる負担が減り、どちらか一人が出勤していれば仕事を見てもらえるので、プリセプティにとっても安心ですね。プリセプター同士で同じ新人さんの情報を共有できるから、プリセプターも一人で悩みを抱え込むことなく、意見を出し合って教育ができそうです。これは羨ましい制度ですね。

プリセプター自身も成長できる病院探しがベスト

プリセプター制度は、一見負担が大きくストレスがたまる仕事かもしれません。中には上司や師長に推薦され、気乗りしないままプリセプターになった人もいると思います。
でも、その中で自分自身が成長する事ができた!という看護師も多いんです。
知識や技術を知っている事と、それを人に教える事は次元が全く違います。私も教える立場になって初めてそのことに気づき、身につきました。また、新人さんの仕事ぶりから評価点や改善点を見つけたりと、観察力も大いに養われます。これは視野が広がるということでもあり、自身の看護のスキルにも役立つものだと思います。
なので、しっかりとしたプリセプターシップの中で自分自身も成長するために、制度が充実した病院探しを行なう事がカギになってくるわけです。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ