.

プリセプターシップを導入している病院の、新人育成の現状と工夫

はじめてのプリセプター

プリセプター理想の病院探し

プリセプターって奥が深いお仕事ですよね。「やるからには徹底的にやりたい!」という使命感の強い看護師さんは多いもの。ですが、病院の方針によっては、自分の力を十分に発揮できないという事も…。病院側も、看護師さんの熱意に応えられるようなプリセプターシップ環境を整えて欲しいですよね。
また、「他の病院が気になる…」「場合によっては転職も考えている!」という人のためにも、病院によるプリセプターシップの違いをご説明。一口にプリセプターといっても、実際は色々な種類があるんですよ。

希望にマッチする病院を探すには

今プリセプターをしている看護師さんの中には、「他の病院のプリセプターシップはどうなってるの?」「プリセプターシップ以外の教育方針をとっている病院はあるの?」と気になっている人も多いと思います。
また、今の仕事から離れて他の病院への転職を考えている人もいるかもしれません。
他の病院がどういう方針で新人教育にあたっているか調べてみる事は、現状を振り返る上でかなり大切なことなんです!比較する事で初めて、自分の立ち位置や状況が客観的にわかる事ものなのですから。
ここでは病院の描くプランに沿ったさまざまな教育体制をご紹介。プリセプティを成長させる事が自分の成長にも繋がる、有意義なプリセプターライフを送っていただきたいものです。

プリセプターシップ充実の病院とは

プリセプター制度が整っている病院って、具体的にどういう特徴があるのでしょうか?
やはり、一番のイメージは「大病院」ではないでしょうか?規模の大きい病院ほど、法人単位で教育に力を入れているものです。また、忙しい医療現場の中でしっかりと看護を行うかたわら、新人教育にあてる人材を確保しやすいのも大きな病院の特徴です。
また従来のプリセプターシップの特徴は、マンツーマンで新人の指導にあたるというものでしたが、現在では病院によっては、プリセプターと副プリセプター、二人制を組んでいるところもあるようです。
縁があってプリセプターの任についたのですから、自分の力をフルに発揮して働きたいですよね。キチンとしたプリセプター制度にもとづいて教育が行なえる環境は、新人看護師とプリセプター、両方にとって嬉しい要素です。

プリセプターの現状

日々人の命と向き合いながら働く看護師にとって、プリセプターという役目には「孤独感」を覚える人が多いようです。
指導役として新人さんにお仕事を教えるのは責任重大。「何から教えていいかわからない…」と戸惑う事ばかりですし、周りの看護師も自分の仕事に手一杯で、相談するのも何となく気が引けてしまいますよね。結果、病院の中で孤立してしまうプリセプターは少なくないのです。
こういった状況の中で、プリセプターをつとめるナースに手を差し伸べてくれる人はいないのでしょうか?
プリセプターが悩んでいる現状と、そんなプリセプターを支援するポジションについてご紹介します。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ