.

日本全国、初めてのプリセプターでお悩みの看護師さん集まれ!

はじめてのプリセプター

おすすめ記事ピックアップ

プリセプター1年生に送る、心得5箇条!

初めてプリセプターを任されるとき、「自分にできるのかな」「責任重大なことできればやりたくない」「教えるのは向いていない気がする」と不安な気持ちになったり、ネガティブになったりする看護師さんは少なくありません。私も当時は、「ほかに適任者がいるのに…」と気持ちが後ろ向きになっていました。でも、選ばれたことはラッキーなことなんだと思ってほしいんです!なぜなら、プリセプターになることで、看護師レベルを何段階もアップすることができるから。新人さんと一緒に成長できるチャンスだと思って、プリセプターライフを前向きに取り組んでみませんか?ここでは、不安な気持ちを抱える新米プリセプターさんのため、心構えについてまとめてみました。現役プリセプターの私が、普段大切にしていることを5つ、シェアいたします!

理想のプリセプターシップとは?

理想のプリセプターシップとは何ぞや?
これは新人看護師を育てる上での永遠のテーマかもしれません。病院全体では大きなテーマをかかげていても、それが実際できているのかどうかは悩ましいところです…。
例えば仕事の上で必要な報告・連絡・相談。基本的なことですが、毎日のこまごまとした業務の中においては、奥が深くて難しいんです。また指導の上ではプリセプティを叱る事も必要。叱る方も、叱る方も叱られる方もエネルギーが要るんですよね。だけど、そんな日々のやり取りの中で、お互いが成長できる環境を作っていけたらいいと思いませんか?
新人ナースさん視点の意見を取り入れながら、理想の関係について話し合ってみました。

なかなか言えない!日頃の本音

病院で毎日のように顔を合わせて一日中一緒に行動。そして仕事についてあれこれ指導。もちろん、一筋縄で行くわけないんです。プリセプターとプリセプティはお互いにストレスをためています。そう、“お互いに”です!
新人であるプリセプティの苦悩は何かとクローズアップされがちですが、教えるプリセプターも実はとっても大変!先輩看護師は看護のプロであっても、教えるプロじゃないんです…(涙)
プリセプティにとっては立場上言いにくい事もあるかもしれませんが、「正直な所を話してほしい!」というのもプリセプターの思いなのです。
なので、ここではお互いに、日頃胸の内にためこんでいる本音の部分を聞いてみようと思います。

THE・多忙!一日のスケジュールを徹底公開

「他のプリセプターは普段どういう一日を過ごしてるの?」と気になる人もいると思います。
せっかくなので、今回私が受け持っているプリセプティとの一日をピックアップしてみました。
プリセプティは入職3ヶ月目の生まれたてひよこナース。ちょっと受け身がちなところが目立ちますが…性格はとっても真面目で素直な子なんですよ。まるでかつての私を見ているよう…。
では、今回はそんなプリセプティと一緒に行なう一日の業務内容をご紹介。
朝の出勤からアフターまで、プリセプティにピッタリと密着したスケジュールをご覧ください。

おすすめ記事ピックアップ

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
ページTOPへ